個人旅行編Ⅰ⑮ハランHarran

シャンルウルファの近くにある考古遺跡が多く残る都市ハラン(Harran)へ

広大な大地の真ん中に集落が見えてきます。

Exif_JPEG_PICTURE

伝統的な木材を一切使わない泥レンガの家、ビーハイヴ beehive(蜂の巣箱状)という工法だそうです。1980年くらいまでは多くの人が住んでいた家ですが、今は観光客向けのものが殆どだそう。こちらもそのひとつ。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

家の中

Exif_JPEG_PICTURE

上を見てみると、煉瓦がきれいに積まれていて、確かに「蜂の巣 beehive」に見えますね。

Exif_JPEG_PICTURE

 

かわいい装飾と家具

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

外は物凄く暑いのに、中は涼しくて快適。日本と同じく、先人の知恵ですね。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらでは、民族衣装を貸してくださるので、皆で記念写真も撮ることができます。(真ん中はガイドさん)着ている洋服の上から羽織るだけなので是非試してみてください。

イスタンブールと比べるとかなり物価が安く、この集落の売店で買ったジュースはイスタンブールの半額近いくらいの値段でした。

 

カテゴリー: Yukiの旅行記, トルコ旅行記   作成者: yuki パーマリンク

yuki の紹介

小さいころから旅行好きの両親に連れられ国内はほゞ制覇。 社会人になってから、ヨーロッパを中心に北米、ハワイ、パラオ、など様々な国を訪れました。 そんな中、友人と一緒に行ったトルコ。 遠いトルコですが、日本人にとってなんだか懐かしい、不思議な気持ちになりました。トルコは世界有数の親日国。そんなトルコを応援したい、もっと日本と一緒に発展していきたい気持ちになりました。 トルコに行って面白かったこと、初めて体験したこと、ワクワクドキドキしたことなどを中心に、美味しい食べ物やであった人、猫などを交えてお伝えしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>