オヤのふるさとはあったかい②

右の女性がブティックのオーナー兼作家のギュレル ボランさんと、旦那様のデニズ ボランさん。優しい雰囲気のご夫婦で切り盛りされてます。

P1020331

ギュレルさんにいろいろ伺ってみました。

この世界に飛び込んだきっかけは、アンカラで開催されたコンペティションで、当時の先生と一緒に優勝されたとのことです。業界紙で紹介され、いわゆるプロへの階段を登られていくわけです。

P1020289

当時の新聞記事ですね。先生と一緒に記念写真。P1020290

 

これが特集された雑誌です。表紙に注目!

手仕事を続けることを努力し、今年で手作りのプロとして6年を迎えます。

今ではこのブティックで10人を教えていますが、その教え子が先にまた教えるわけで、合わせると総勢400人(!)の女性たちになるそうです。

女性が家に入っても手仕事として続けていくこと、そんな機会を同時に生み出すことをお考えです。これが素敵ですね。作品の優しい雰囲気もわかります。

コンセプトについては、いろいろなデザインを組み合わせることもしたり、またお客様のリクエストに合わせることもあるそうですが、いずれにしても、それに応えうるテクニックが裏打ちしてるんですね。

実演を見せていただきました。

P1020310 P1020313

かぎ針でトゥーオヤ。早い!正確!

P1020312 P1020313

縫い針でイーネオヤ。とても難しいって聞いてるから、見入っちゃいました。

道具も見せていただきました。

P1020344

これがお使いの縫い針。

P1020345

かぎ針です。あ、メイドインジャパン!のTURIP ! つながってるなあ!!

これからの展望について伺ってみました。

服でオリジナルのブランドを展開したいとのことです。

 

そこでいろいろ作品を見せていただきました。

P1020320  P1020323  P1020319P1020321  どれも優しい趣です。

また、こういうものもあります。

P1020339 P1020340 P1020335

おいそがしいなか、ありがとうございました!

P1020329

お店の前で記念写真!

実は御嬢さんがいらしたので、ご一緒に、と申し出したけど、とても恥ずかしがって…。

私の子供のころもそんなだったよなあ、となんか懐かしくなりました。

P1020333

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>